smile7.gif
会議中!

2013-03-27 15:36|個別ページ

nina's開発部、第2回目の会議ではみんなのアイディアが溢れ返りさらに大盛り上がり! 実用的なものからこうだったらいいな、というものまで実際には何が実現するのか…!?


−−第二回目となる今回は、実際に作りたい商品を決めていきたいのですが、いかがでしょうか。
帰山「やっぱり、電動自転車がいいと思うんです!」
庄司「電動自転車って、みんなが買うものですか?」
大澤「うちは長男が小学生、次男が年中になりましたが、今でも3人で出かけるときは電動自転車で3人乗りしていますよ」
帰山「保育園や幼稚園ママには必須アイテムですよね」
大澤「うん! 保育園のママは80%くらいの勢いで持っているかも」
YOSHIKO「そうなんだ〜。でも、デザインってあまり可愛いのがないですよね」
帰山「そうなんですよ! それに、安全性の問題で荷物を後ろのカゴに乗せるのもちょっと心配だし…。ベストなデザインのものがあまりないんですよね」
庄司「普通の自転車じゃダメなんですか? それに、デザインならいろいろカスタムすれば可愛くなる気がするんですけど…」
大澤「たしかに、カスタムしてくれるところはあるんですけど、ママにそのカスタムしに行くという時間はまったく存在しないんです(笑)!」
YOSHIKO&帰山「たしかに(笑)!」
大澤「それに、ママの力だと、普通の自転車で3人乗りは重すぎて運転できなくなるんですよ」
庄司「そうなんだ…。俺は自転車なんてどれだけ負荷をかけるかしか考えたことがなかった…(笑)。確かに太ももパンパンなママばかりになったら困りますね」


帰山「そうなんです(笑)。でも庄司さん、電動自転車は電源を切れば普通の自転車の倍近く負荷がかかりますから、トレーニングにもオススメですよ(笑)」
庄司「なるほど! それはいい(笑)!」
YOSHIKO「その電動自転車に乗せるときも、ヘルメットは必要ですよね?」
帰山「もちろん。それを庄司モデルにするってどうですか? オシャレなデザインのヘルメットもないのが現状なんですよ」
庄司「それ、難しそうだなぁ。でも面白そう!」
帰山「親子でおそろいとかも可愛いですよね。今も海外ブランドではあるんですが、高価でなかなか手が出せないんですよ〜」
庄司「なるほど。やっぱりママと子供をターゲットにするなら値段も考えないとダメですね」
大澤「あとは、“駿足”ってあるじゃないですか」
帰山「あれはすごい流行ってるよね!」
大澤「あのスニーカーって、子供好みするデザインですが、かなりオシャレなファッションには合わせずらいと言うか…」


YOSHIKO「かなり光沢もありますしね」
帰山「それをnina'sらしくナチュラルなデザインにしたら絶対に売れると思う!」
庄司「子供が気に入ってくれるといいですよね。あまり大人が好きすぎるデザインだと子供は喜ばないし」
大澤「そうなんですよね。そこの中和ラインが難しい! でも、これが成功したら、“庄司モデルで育ちました!”って言われる日が来るかもしれないですよ!」
庄司「うわー、それは嬉しい! でもすごいプレッシャーだなぁ。(nina'sの背表紙をみて)あ、このストライダー、この前いただいたんですよ」
帰山「これ、うちも愛用しています」
大澤「これに乗っていると補助輪なしの自転車に乗れるのが早くなるって言いますよね」
庄司「そうなんですね! たしかにバランスを取る練習にはなるかも。それにしても、この子供が乗っている後ろをパパが見ている写真、これだけで泣けてきます…。なんかすごくグッと来る! こういう補助アイテムを作るのも良くないですか?」
YOSHIKO「それも素敵ですね!」
−−皆さんの中にたくさんイメージがわいているようなので、とりあえず自転車、ヘルメット、靴など実用的なアイテムで何が出来るか。進めてみましょう!
一同「よろしくお願いします〜!」


一回目の座談会を終え、打ち解けたところでパチリ★

撮影:セオヒロユキ/取材&文:吉田可奈

>>>>はてさて何が実現するのか…次回へつづく…!

【会議中!の最新記事】
posted by nina’s編集部 at 15:36 | 会議中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

smile7.gif
会議中!

2013-02-28 00:00|個別ページ

002ninas_talk.jpg

ママと吉本興業による商品開発プロジェクトがついに始まりました! 第一回会議は、ママと庄司さんの経験から、一体何を開発したらいいかをテーマに大盛り上がり! 普段の生活に密着したものを作りたいと熱く語りあう4人から一体何が生まれるんでしょうか!?

――第一回目なので、どんな商品を開発したらいいか決めていきたいのですが、何か案はありますか?
庄司「うちの息子はいま、9ヶ月なんですが、すごく元気で困っているんです(笑)。一番困るのはお風呂で体を洗うとき。すぐに暴れちゃうので、洗っているときに息子が集中して遊んでいられるようなおもちゃが欲しいんですよね」
歸山「それなら、壁につけて遊ぶスポンジ状のおもちゃが売っていますよ」
庄司「え!? そうなんですか!?」
大澤「でも、ただ水でくっついているだけだから、スルッとすべると危ないですよね」
庄司「そうなんです。なので、吸盤でしっかり壁におもちゃがついていて、それを触って遊べるのとかはいいのかもしれないですね」
大澤「うちも一緒に入っていると、片手はずっと息子を持っているので、もう片方の手で頭や体を洗うんです。それは本当に大変なんですよ」
庄司「たしかに、うちの奥さんも息子をお風呂にいれるときに一緒に自分の体はまだ洗えないんですよ」
歸山「そうなんですよね。みんな寝かしつけてからまたお風呂に入りなおしたりするんですよね」
庄司「そう考えると、安心して一緒にお風呂にいられるようなグッズがあるといいですね。時間短縮にもなるし、ママたちのストレスが少しでも緩和されますしね。」
歸山「それなら、お風呂に入っている間に見ることの出来る防水のDVDとかどうですか?」
庄司「それいいかも! 大きくなってからも使えるし、大人も楽しめるし…って解決しちゃいましたね(笑)」
歸山「(笑)。私がママになって一番便利だったのは食洗機。時間短縮にもなるし、後片付けが早く終わるのですごく助かるんですよ」
YOSHIKO「そこに消毒モードがあるといいですよね」
大澤「それはすごく便利!」
庄司「哺乳瓶やあかちゃんグッズの消毒はめんどくさいですからね。でも、必ずしないといけないから、それはすごくいいかもしれないですね!」
YOSHIKO「さらに値段もコンパクトだと嬉しい!」
大澤「そうすれば出産祝いなどにもむいていますしね。消毒、抗菌できる食洗機、いいですね!」
大澤「ちなみに庄司さんは食器洗いなども手伝っているんですか?」
庄司「息子が産まれてからするようになりましたね。でも、ぼくもそういった食洗機ができたらこの手間も省けるし(笑)、絶対買いますね」
歸山「さらにニナーズ仕様でオシャレなデザインになると嬉しいですよね。家電って淡白なデザインが多いから、そこにも特徴が出せたらいいですね」
庄司「なんだかすごくいい案がでて楽しくなってきましたね。そのほかには、何かありますかね?」
大澤「自転車などの移動する道具のコラボとかもいいですよね。ヘルメットや自転車とか…」
歸山「電動自転車はママにとって必須の商品。それなのに、あまりかわいいデザインが少ないので、そこをしっかりデザインしてかわいいものを作りたいです」
庄司「なるほど。ではその話は次回、じっくりと話して、作る商品をさらに絞るようにしましょう!」
歸山&YOSHIKO&大澤「了解しました〜!」

撮影:セオヒロユキ/取材&文:吉田可奈

>>>>次回へつづく…!
posted by nina’s編集部 at 00:00 | 会議中! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。